三菱新型両面機「DAIYA402MP」稼働開始 有限会社五十嵐印刷様

’10.2

三菱の最新型四六全判1色/1色両面専用機『DAIYA402MP』が、今年2月に東京都板橋区の有限会社五十嵐印刷様に納入され、本格稼働に入りました。

従来の三菱両面専用機
『DAIYA4D−P』(B/Bタイプ)と、ほぼ同じスペースでありながら『圧胴タイプ』である『DAIYA402MP』は、外観もグッドデザイン賞金賞を受賞した『三菱DIAMONDシリーズ』を踏襲し、“ソフト・ジオメトリック(柔らかな幾何形態)”と言う北欧デザインの思想を取り入れ、給排紙とユニットには『LEDランプ』を装備したスタイルとなっています。

『DAIYA402MP』の外観  ユニットの独特なカッティングやLEDランプの採用など、DIAMONDシリーズのコンセプトを踏襲

また、外観だけではなく『DIAMONDシリーズ』で開発された新機構も含め、『ベルト式排紙装置』『半自動版交換装置(ベンダーレスSPC)など最新の機能を搭載可能となっています。

『DAIYA402MP』の緒元と、主な仕様は以下の通りです。

【 DAIYA402MP緒元 】
最大紙寸法    1,120×820o
最小紙寸法     620×460o
紙厚範囲 0.04o〜0.2o
【 主な仕様(オプションを含む) 】
半自動版交換装置(ベンダーレスSPC)
ブランケット自動洗浄装置
API(高精度インキキー:トレー式)
排紙部ベルト式紙ガイド
真空吸着ベルト式フィーダーボード(紙ずれ防止機能付)
フィーダーボード枠自動開閉装置
印圧プリセット
天地・左右・コッキング見当調整リモコン(表裏に装備)
エキスパートソフト(QSI・SPE・インキ呼出回数可変)
メンテナンスモード(グリスアップ・ニップ調整モード)
インキドクター着脱リモコン
真空吸引車個別左右移動リモコン
リモコンデスク・操作用タッチパネル
                              その他

また、この『DAIYA402MP』には『新型省スペースリモコンデスク』が装備されています。
API(オートプリセットインキングシステム)、各種操作用タッチパネルを装備しながら、従来のリモコンデスクよりも大幅に設置スペースを小さくしました。
色見用のテーブルの角度も「可変式」とし、工場スペースやお客様のお好みで変更が可能です。

新型 省スペース・インキキーリモコン 工場スペースやお客様のお好みでテーブルの角度を変えられます

納入頂いた有限会社五十嵐印刷様では、本格稼働を開始し、早速1日2交代で20万部前後の印刷をコンスタントにこなしていらっしゃいます。

順調に稼働を始めた有限会社五十嵐印刷様の中嶋機長様

従来の三菱両面専用機『DAIYA4D−P』(B/Bタイプ)をお使い頂いていたお客様には、是非とも一度本機をご覧頂きたく、お問い合わせは弊社までお願い申し上げます。


TOP 会社概要 会社理念 取扱品目 中古機情報 リンク トピックス ユーザー様
ご紹介